本文へスキップ

建設コンサルタント

TEL. 0748-88-2496

〒520-3433 滋賀県甲賀市甲賀町大原市場515

株式会社 関西技研

第三回 はじめの第一歩

『はじめの第一歩』は捻挫から。

 嫌な予感しかしない、連載第三回目の表題です。
連載第二回のあと、さすがにそろそろお勉強始めないとなぁと思い、過去の偉人(合格された方)達の助言通りにとりあえず過去問題に目を通してみようと思いました。
 いやぁ、ちょっと奥さん!過去問集は開いてみられました!?私、びっくりしたわよぅ!?
  
第1問 ≪法規≫

 次のa〜eの文は、測量法について述べたものです。明らかに間違っている文の組み合わせは1〜4のど〜れだ?

   a. なんたら              1. a,b
   b. かんたら              2. a,c
   c. あーだ               3. b,d
   d. こーだ               4. c,d
   e. どや                5. d,e

 もうね、ポカン、ですよ。勇気出して踏み出した第一歩を、思い切りぐきっ!と捻挫した感じですよ。
 まず最初の『法規』でひるみ、とりあえず読んでみたa〜eはどれも、へぇ〜、そうなんや〜、と思ってしまい、いやいやいや、どれか間違いだってば!と自らにツッコミ、、、。とりあえず、初戦は文句なしの完敗でした。アーメン。
 まぁね、この時点ではテキストをまだ一度もひらいてない状態ですから。(え?)そら捻挫もしますよね、準備体操しないと。むしろ、捻挫で済んでよかったね(?)


Black WATASHI 誕生!!

 打ちのめされた私に、とんがり耳のとんがりしっぽが忍び寄ります。
『でもさ〜、毎年過去問から繰り返し出題されるんでしょ?過去10年分勉強しとけば十分!(ネット情報)てことなんだしぃ?28問×10年分=280問、問題文と答え読み込んで、とりあえず答え丸暗記しちゃえばいいんぢゃないのぉ?は〜ひふ〜へほ〜!』

ぴしゃーん!!!

Black WATASHI誕生の瞬間でした。。。



ちょびっと、脱線。

 カタカタと、せっせと文章を書き綴りながら、はたと気が付きました。こうやって好き勝手に、心に移り行くよしなしごとをそこはかとなく書き綴っておりますけれども。何を隠そう、アップロード前には必ず営業部長と社長の二重チェックのうえアップロードしておりまして。ギャラリーやらトピックスやら全てにおいて、です。
 もちろん、この『測量試補取得への道』も例外ではありません。毎回、「今回こそは怒られるかもなぁ」と恐る恐るチェックを受けていますが、なんとまぁ、内容的にストップがかかったことは一度もありません。毎回怒られるか怒られないか様子を見ながらギリギリのラインを攻めていきます。おかげさまで段々大胆になってきました。自分で書いておきながら、いいのかなぁ、とちょっと笑っちゃう今日この頃です。(笑うな)ありがたいですね。
 もちろん、まじめな記事はきちんとまじめに書かせていただいています。いやいや!面白おかしく書いた文章だっていたって真剣に全力で書かせていただいてます!見えないかもしれないですけども!誤解されないでくださいませ!!
 いやところで、今回のはさすがにまずいか?と思ったり。勉強しろよ、と。試験に受かればいいってもんじゃない、と。さすがにね、指摘が入るかもしれません。堂々と丸暗記とか書いちゃってますしね。できるかどうかは別としてね。
 だけれども。今回は強行突破覚悟です。もちろん、お勉強はいたしますから!効率よく!(物は言いよう)Black WATASHI式勉強法で!山田式、的な!(昔よく聞いた『山田式』の山田て誰なん?)

※後日談。今回もストップかからず無事にアプロできました!ぎりぎりすれすれ!(笑)。




閑話休題。ちょっと待て。冷静に。

 さてさてお話は戻しまして。正にBlack WATASHI的な発想ではありましたが、問題文・解答を読み込んでお勉強大作戦については一理あるかも、です。常日頃、測量に携わっている方なら問題文を読んで、なんとな〜く意味も理解できるかもしれませんが、普段、主にサポート(図面を描いたり、製本したり、HPの更新をしたり)をしている私には、問題文の意味さえ全く理解できなかったのです。なんなら、問題文が象形文字で書いたーる!レベル。しくしく。
 だとしたら、勉強方法として、とりあえず問題文と正答を読み込んでいく、ていうのはありじゃない!?それ繰り返してたら、理解していけるんじゃない!?がっつり文系師匠(第二回登場)がおっしゃっていたのは、そういうことぢゃないの!?(間違ったポジティブ)がっつり文系師匠がそういう意味でおっしゃっていたのかどうかはわかりませんが、少なくとも『わっからーん!!』と嘆いているよりは、前向きかもしれない!とりあえず、それでやってみよ〜う!

 カンカンカーン! Black WATASHI圧巻の勝利でした。。




次回予告 『○○がデスクに鎮座(仮)』

 ようやく自分なりの勉強方法をつかみかけた私の奮闘記はまだまだ続きます。むしろ始まったばかり。令和2年になって、受験日まで半年を切りました。いくら根がマイペースな私も、そろそろ焦り始めてきました。気持ちだけは。こっそりと。
 そんなある日、私の身に大事件が起こります!!ちょっとこれは冷や汗が止まりませんでした!無事に解決はしたんですけども!ちょっと聞いてーーー!!!

     『災難は 死角を狙って やってくる(仮)』

 次回も、なるべく早く更新できたらいいですね(他人事。)読んでくれてる人いるのかな。いてくれてたらいいな。誰か入社してきて。(こんな先輩嫌やわ)


次章に続く・・・。







バナースペース

株式会社関西技研

〒520-3433
滋賀県甲賀市甲賀町大原市場515

TEL 0748-88-2496
FAX 0748-88-2416


関西技研ロゴ