本文へスキップ

建設コンサルタント

TEL. 0748-88-2496

〒520-3433 滋賀県甲賀市甲賀町大原市場515

株式会社 関西技研

第四回 Ah! Haaaaan!?

ちんぷんかんぷんでも奮闘。

 皆さまこんにちは。アラフォー主婦、私です。お久しぶりです。そうでもないですが。あ、予告より『a』を一つ増量してみました!(だから何。)前回余話を挟みましたが本題に戻りまして。今回は、私が試行錯誤しているうちに、ようやくうっすらと見えてきたことについてお話させていただきたいと思います。
 ネットで過去問と解説(とても親切にわかりやすく書かれているサイトがいくつもあります。)に取り組んでいくと、だんだんわかってきました。ちなみに参考書のみで素人が合格するのは果てしなく難題だと思います。説明文から例題から解説から、専門用語が縦横無尽に飛び交っているので、読んでいても意味が全く理解できずに進みません。挫折街道まっしぐら。

 さて、法律やら文章の穴埋め問題は、Black WATASHI式でいけちゃいそうですが、計算問題は理解しないと解けません。問題文がまず象形文字で書かれているので(そんなことはない)、まず翻訳から始めます。ここで登場するのがテキストなんですね!象和辞典!(ちがう)
 測量の方法とか、用語とかを調べたうえで、まずは問題文の意味を理解するところから始めます。ここでもなかなか苦労します。問題文をなんとなーく理解したうえで、遠い記憶をひっくり返して『関数』なるものを引っ張り出してこなければいけません。ここで、私みたいに引っ張り出せる記憶が元々ない人は、新たにインストールです。かすかにひっかかる単語は、さいん、こさいん、たんじぇんと、のみ。ほぼ言葉のリズムだけで残ってます。さいん♪こさいん♪たんじぇんと♪公式なんか覚えているはずもなく。だって、日常生活で使ったことあります!?おまけに、20年も前の記憶!あー、そんなんあったあった!うん。つまりゼロスタートですね。



右から左へ受け流す(自動的に)

 Black WATASHI式でいけんじゃね!?てちょびっと思ってたけども。
 Black WATASHI式勉強法のスタートラインに立つまで(象形文字の翻訳=問題文の理解)が果てしなく遠い、、、。学生の頃ってさ、嫌々でも投げやりでも片手間でも、テキストとか参考書とか一回読んだらなんとなく単語ぐらいは頭に残ってたりしてたけどさ。この年になると、覚えようとめっちゃ頑張って読んでもさ、びっくりするくらい何にも残らないんよね。ほんまにびっくりするよね。え、これ5分前に出てきた単語。なんだっけ?みたいな、ね。めっちゃ運転下手な人の車庫入れみたいな。何回行ったり来たりするの、的な。テキスト行ったり来たり。
 ぶちぶち言うてても進まないので、とりあえずのろのろ進めていくしかないんですけどね、、、。




見えてきたこと。

 ふむ、、、。テキストとネットの解説を見ながら進めていくうちに、わかってきた。
 5択問題と聞いてたので、ある程度勢いでいけるかも!!て思ってたけども。蓋を開けてみれば8割がた計算問題やね。計算の答えが選択肢になってるという。つまり、計算せんことには選択でけへん、ちゅーことですよ!選択問題の意味なくね!?
 だがしかし。ここでもう一つ見えてきたことがありんす。問題文の内容理解はともかく、その問題に対する計算方法がわかれば解けそうだということ。
 例えば、『デジタル航空カメラを用いて鉛直空中写真を、、、』やら、『トータルステーションを用いて、点Aから点Bを観測したところ、高低角が、、、』やら、読んでるといーっっっ!!てなりますが、とりあえず図形に起こしてみれば、ほぼ全て図形の計算なんですよ。あとは、どの公式、どの計算方法を当てはめるか。単位をそろえたり、手計算なので計算ミスをしないか、とか。ものすごく基本的ですが、かなり重要。
 ただね、公式やら計算方法やら、なかなか豊富な品揃えで、頭に詰め込むのんめちゃ大変なんですけどね。ほら、右から左へ自動的に受け流しちゃってるからね、、、。




Ah!Haaaaan!?

 うん、ちょびっと光が見えてきたぞ。暗記になりそうな法律関係はとりあえず後回しにして、どんどん計算に取り組んでみる。どんな問題にどんな計算を使えばいいのかがわかれば解けなくもなさそう、、、かな?公式がいっぱいでてくるので、まずはそれを覚えなならんけども。
 ネットにあがっている親切な解答を確認しながら、何度も何度も同じ問題を解いているうちに、少しずつパターンを理解していく。あー、、、。そっかー、、、『とりあえず過去問を解け』というのは、こういうことやったんかー、、、。
 ようやくスタート地点に立った気がする、私であった。




次回予告『天神様のため息』

 ようやくアラフォーなりの勉強法が見えてきたところで(すでに試験二か月前ですけど)、とりあえずここからしばらくは、ひたすら反復勉強(鬼計算)するしかなく、記事にするような動きもないので、ちょっと時節的な話題を一つお届けしたいと思います。まぁ、時事的と言いつつ内容は1月に遡ってしまうんですけどね。いやぁ、時の流れは早いもんですなぁ。

 次回、『天神様のため息』

 京都のとある有名神社で学業お守りを購入しました。その時のお話です。学業お守りって、学生にしか縁のないものだと思ってました。いや、たぶん本来はそうですよね。社会人にもなって学業お守りって。心ではそう思いつつ迷わずに購入しました。社会人になっておおよそ20年経ちますが、何か。
 お勉強の合間に、ふっと肩の力を抜いて読んでいただけたら幸いです。あ、口は開けなくてもいいですよ。


次章に続く・・・。







バナースペース

株式会社関西技研

〒520-3433
滋賀県甲賀市甲賀町大原市場515

TEL 0748-88-2496
FAX 0748-88-2416


関西技研ロゴ